かな文字速記者

PC速記者になるためには、3000文字を20分以内に入力しないといけないらしいのですが、かなりの速度ですね。
計算したわけではありませんが、ローマ字だと、確かに時間に限界がくると思います。
2分、300文字、1分150文字・・・あれそれくらいか。
それならローマ字でも私のタイピングでも出来ますね。
実際、150文字くらい1分で入力出来ています。

業者に問い合わせて、ローマ字じゃいけないんですかと伺ってみたいのですが、何かそこに電話しても繋がらず、困ってしまいました。
ただ速記という事で、タイピング検定とは違うのでしょうね。

因みにタイピング検定で、一番有名とされている字幕入力ですが、あれを実際仕事にするとなると、新卒者が必要になってきて、私のような半分腐ったニートには、無理なのですよ。
だけど、それ以外なら、年齢不問、実力主義という事らしいので、おおーと思ったのは間違いないです。
又、テープ起こし速記者というのは、やる気があったら一生出来るらしいので、是非頑張ってみたいと思っています。

今日は土曜なので、協会も休みでしょうから、来週にでも聞いてみようかと思いました。
かなに直せって書いてあるから無理なんでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です